10.8決戦 巨人対中日

1994年のセリーグペナントレース、同率首位で、巨人対中日がぶつかり、勝った方が優勝というプロ野球の歴史始まって以来の試合となった。巨人は総動員の臨戦体制、中日は普段どうりの体制で臨んだ。火花バチバチの球史に残る大熱戦となった。今見返しても、手に汗握る展開で、その戦い振りに感動してしまう。やや、長い映像であるが、その分緊迫感が感じられる…
コメント:0

続きを読むread more

ダウンタウンの圧倒的才能

「最初からズバ抜けていた」と、多くの芸人が証言している。ダウンタウンの圧倒的才能についての証言である。デビュー当時、一般的には不人気であったが、プロの芸人達の評価は全く違っていたということだ。不遇の京都花月時代は、1ステージがたった500円だったと言う。交通費の方が高かった。それを3年間続けた。つまり、二人にもつらい下積みがあったと言う…
コメント:0

続きを読むread more

木綿のハンカチーフ (太田裕美)

「木綿のハンカチーフ」は、太田裕美の楽曲で、4枚目のシングル。1975年12月21日に発売された。作詞は松本隆、作曲は筒美京平。 70年代前半と言えば、フオークが居座り、ニューミュージックが台頭しつつあった。そこへ、このポップ歌謡の登場は、ちょっとした事件ではなかったと思う。そういう意味からも、私はこの曲が好きである。この曲の構成…
コメント:0

続きを読むread more

外部委託による人事査定! 3

第一段階では、言いたい事が言えた。私としては満足しつつあった。次に、若い方の査定官が「仕事をする上で、貴方の部下が貴方の指示をまったく聞こうとしない場合、貴方はどのような対応をしますか」と質問してきた。「そうですね・・・、私なら・・・」と少し考える振りをした。「Well,let me see・・・」で良かったっけ。 通勤時間が片道…
コメント:0

続きを読むread more

Whenever You Call(嵐)

日本のアイドルグループ「嵐」による世界に向けた新曲MV[Whenever You Call」が、世界的に話題になっているようだ。ブルーノマーズがブロデュースした完全英語歌詞の曲などの理由によって、世界中からアクセスが殺到している。公開初日で200万回再生。ブルーノマーズはグラミー賞を11回受賞した世界的アーティストである。 一方で…
コメント:0

続きを読むread more

ドコモ犯罪とpayapay犯罪の違い

ドコモ口座犯罪と、payapay詐欺犯罪は、同じネット犯罪ではあるが、基本的に全く異なる犯罪である。あくまでも初級編であり、詳しくは本人自身が調べる必要がある。全てを他人任せにする事が、最も危険な行為である。 1.潜在的対象被害者 A.ドコモ口座犯罪の被害者 ドコモ口座と連携している全国の35行の銀行の全ユーザー。つまり、…
コメント:1

続きを読むread more

杉村太蔵のしくじり先生

杉村太蔵は面白い。議員時代の失態の裏側をぶっちゃける場面も大変面白い。メディアの世論調査で石破が総理候補一位になっていた時も、杉村太蔵は石破氏を大嫌いと罵倒していた。杉村太蔵無双状態にある。 選挙に出れば、当選するんじゃないかな。もっとも、そうなれば、彼の面白さは半減する事は間違いない。
コメント:0

続きを読むread more

京都善峯寺の散策

善峯寺は天台宗単立寺院で、平安中期の長元2年(1029年)源算上人により開かれた。源算上人は比叡山横川の恵心僧都(源信)に師事して、47歳で当山に入り、小堂に御自作の千手観音を本尊として奉安。 いずれにせよ、名もなき、実際はそれなりに有名であるが、仏閣の静かな佇まいは格別な感じがする。GOTOトラベルで、京都に行くっぺか。 …
コメント:0

続きを読むread more

愛と青春の旅だち(Up Where We Belong)

『愛と青春の旅だち』(原題:An Officer and a Gentleman)は、1982年のアメリカ映画。 テイラー・ハックフォード監督、リチャード・ギア主演。コッカーとジェニファー・ウォーンズが歌った主題歌『愛と青春の旅だち(英語版)』がアカデミー歌曲賞を受賞している。 良い映画であった。そしてその曲も良かった。この曲を…
コメント:1

続きを読むread more

松井秀喜のプロ入り初ホームラン

1993年の巨人対ヤクルトの試合。9回裏2アウト、巨人が3点のビハインドという場面。新人である松井秀喜の打席。野村監督は、高津投手に対して「内角、ストレート」を投げろと指示した。「松井秀喜がどれ程のもんか」を見極めようとしたようだ。野村監督にとっては松井対策を練り直すという収穫があり、松井秀喜にとっても大きな自信となった一発であった。何…
コメント:0

続きを読むread more

ドコモ口座の不正送金詐欺

NTTドコモの電子決済サービス「ドコモ口座」を使って、個人が銀行に預けていたおカネが知らぬうちに不正に引き出されたという問題。次ぎのような構図となる。 ①銀行の口座番号や暗証番号を盗んだ。 ②その口座情報を基に預金者になりすまし、ドコモ口座へ金を振り込ませた。 セキュリティの甘い銀行から、不特定の個人情報を盗む。口座番号、…
コメント:0

続きを読むread more

名水の町・郡上八幡

このような動画を視ると、行きたくなるから不思議だ。私の生まれ育った所も、大都会でありながら、川遊びができた。メダカやハヤが軽やかに泳いでいたっけ。一種の郷愁を私に呼び起こさせるのだろう。それ故に、ひかれてしまう。なお、GOTOトラベルキャンペーンではないので、あしからず。
コメント:0

続きを読むread more

人生を語らず (吉田拓郎)

『今はまだ人生を語らず』は、1974年12月に吉田拓郎(当時はよしだたくろう)がリリースしたオリジナル・アルバムである。 ジャンルとしては、フォークソングに分類される。同曲はそのアルバムに収録されたもの。 特別に好きなわけではなく、たまに聴きたくなる程度。熱狂的なファンが私の知り合いにいたが、特に感化されたわけでもなく、何げに聴く…
コメント:1

続きを読むread more

外部委託による人事査定! 2

「仕事について、どのように思われますか?」と言う質問に対する、私の回答。「正確な答えになっていないかも知れませんが、最近仕事のプロがめっきり減ってきたように思います」とこちらは返した。「仕事のプロの定義は?」と間髪を入れずに問い返された。誘い水のような回答であり、当然こちらも予想していた。 「仕事のプロとは、いかなる状況においても…
コメント:0

続きを読むread more

悲しき願い (アニマルズ)

「悲しき願い」(かなしきねがい、Don't Let Me Be Misunderstood )は、ベニー・ベンジャミン、グロリア・コールドウェル、ソル・マーカスが作詞・作曲した1964年の楽曲。歌手兼ピアニストのニーナ・シモンが1964年に初めてレコーディングして以降、多数のミュージシャンに採りあげられ、幾多のバージョンが生まれたスタン…
コメント:0

続きを読むread more

ソフトバンクG、迷走し過ぎ!

ソフトバンクGが迷走し続けている。一体何がしたいのか、さっぱり判らない。アリババなどの中国企業株はそのままで、本業の通信株を売却したりしている。なお、ソフトバンクGは投資会社、ソフトバンクは携帯会社である。もちろん、ソフトバンクはソフトバンクGに含まれる。 第一段階 2019年1~3月期の連結決算   1271億円の赤字 20…
コメント:0

続きを読むread more

オンリー・ユー(プラターズ)

バック・ラムによってプラターズのために作られた曲で、1955年にシングルで発売されR&Bチャートでは7週連続1位を、全米ポップチャートでも5位を記録し、ミリオン・セラーとなった。 再アップ曲である。 しかし、名曲じゃのう。たまに無精に聴きたくなる。これ、カラオケなんぞで歌うと、カッコ良くねぇ。歌詞を覚えて歌ってみようか。ピアノの弾…
コメント:1

続きを読むread more

天使のささやき(スリー・ディグリーズ)

「天使のささやき」(てんしのささやき、英語: When will I see you again)は、スリー・ディグリーズのシングルおよび楽曲。 日本では1974年にスリー・ディグリーズの3枚目のシングルとして発売された。 ザ・スリー・ディグリーズ (The Three Degrees) は、1963年ペンシルバニア州フィラデルフ…
コメント:1

続きを読むread more

外部委託による人事査定! 1

以前勤めていた会社は、情実人事が日常的に行われており、私としては飽き飽きしていた。その種の批判を避けるためか、突如「外部委託による人事査定を実施する」と言い出した。その魂胆見え見えで、正直うんざりであった。ただ、その時には退職する予定であったため、最後に言いたい事を言って辞めようという心境になった。 結論から言えば、会社は外部査定…
コメント:1

続きを読むread more