デンスケの気まぐれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS maystromails.netは狡猾サイト2

<<   作成日時 : 2008/03/07 20:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

英語も分からず、またリードメールの仕組みについても無知な会員に有料会員費を支払わせるための、色々な仕掛けがこのサイトには散りばめられている。だから、狡猾だと言っているわけ。maystromails.netだけでなく、同系列サイトがなんと25もあるのだから、あきれるばかりである。

・ $1000 Payout minimum
  For Platinum Members
・ Payments via E-Gold, MoneyBookers, PayPal!


さて、上記はトップページに記載されている説明文である。
「最低支払額は1000ドル、ただしプラチナ会員の場合」「支払いはE-Gold, MoneyBookers, PayPal!」

これを見る限り、支払う気満々のようである。つまり、リードメールに詳しくない人に、勝手な思い込みを助長するための、申さば「過大キャッチコピー」に過ぎないという点が、この文章の肝である。

支払いについては、次のように説明されている。支払い対象になるお金は、次のようなもの。

On payouts we transfer 70% our monthly profits from advertise. That amount we share by members, who have requested payout.

「毎月の広告収益の70%を支払いに充てます。その支払い金額は、支払い請求したメンバーに分配されます」

獲得した報酬によっても広告は出せる。広告の95%以上はこの種類の広告であるが、これはサイトの利益にはならないため、広告収益には入らない。上記の対象広告は、あくまで現金広告を指す。このサイトでは3ドルから広告ができるため、2.1ドルが会員への分配対象ということになる。つまり、「メールクリックを何千回したとしても、それはお金の支払いとはまったく関係がない」ということを、上記の説明は意味している。

仮に現金広告が毎月100ドル、会員数が4000人だとすると、毎月の会員一人当たりの仮分配金は1.75セント、1年で27セントになる。プラチナ会員の最低支払額が1000ドルだとすると、それに到達するためには3703年はかかるという計算になる。

表面的な説明を要約すると、以上のようなことになる。信じられますか?高額の会員費を出した日本人会員が現実にいるわけですよ、まったく。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フルーツメール ECナビ 1,000ポイントGETのチャンス!
maystromails.netは狡猾サイト2 デンスケの気まぐれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる